スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
聾者にとっては・・・
2007 / 01 / 26 ( Fri ) 14:02:17
先日の事件を書いた翌日、聾の友人(仕事仲間でもある)から「おもしろーい」と笑ってくれた。もし、自分だったらどうする?と直接聾の友人に聞いてみたはいいが、その答えに予期せぬ返事が・・・
私は一瞬「へ?」と止まってしまった。

その答えは
  「もし僕なら、こぼす!だって仕方ないもん」 とあっさり言った。
そして
  「助けを呼ぼうと考えない。私の書いた“事故解決”は当たり前
   で、当然だよ」と言った。
私が
  「聴者の場合は、両手がふさがって、周りから見えない大変なとき
   は、大きな声を使って「ちょっと助けて~」か「誰か来て~」と
   助けを求めるんだけど…今回は、人がいるのにそれが出来なかっ
   たから、悲しかった…」
と言ったら、彼は
  「そうなんだ。なるほど…へぇ」と珍しそうな顔で私を見ていた。


つまり、聾者は手がふさがっている時や、人を呼びにいけない状態の時は、助けを求めるという意識が働かないらしい。そういう時は求めるのではなく、自分で解決をするという風に神経が働くんだね。
なんとすばらしい
聴者と比べたら、なんて自立しているんだろうと感心した。
聴者って、人に助けを求めることがまず優先的だから、弱いな~なんて、思ったりして…

でも、やっぱコボシタクナイ…のが本音


スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
叫んでも叫んでも…虚しさだけが残る…
2007 / 01 / 25 ( Thu ) 01:32:52
めっちゃ久々に登場しました。
と言っても、誰も待っちゃいねぇよってか? ハハハ

一人でつぶやいちゃいます。

私が働いているところって、みんな聾なんだな。なんとなく気づいたけど、聴者って私だけみたい。すばらしい環境だよね。とっても嬉しいな聾者と仲良くできるなんて(ルン♪)

でも、先日とてもショックな事件があったのだ。それはそれは悲痛な叫びが届かない、悲しい事件・・・

事務所にある石油ファンヒーターの灯油がなくなったので、入れました。「ヴィ~ン」と電動スイッチを入れたけど、あの青いタンクにも入ってなくて、斜めに傾けて入れてたんですね。
で、吸えるところまで、吸ってくれて「ゴゴービュシュシュ」と吸い終わったけど、まだあのポンプの管の途中で圧で行けなかったのが残っているので、青いタンクを持ち上げて、管に残っているのを、重力で落としてあげました。(分かりにくい説明ですが、想像してくださいね)

その時です。私が上に持ち上げたとき、ちょっと上げすぎて、ポンプの出口のさきっぽが、ストーブのタンクから微妙に外れそうなんです。
私は両手がふさがってました。
一つはポンプの頭を支えて、もう一つの手は、青いタンクを持ち上げていて・・・
ポンプの先がタンクから外れそうになってるけど、管に残っている灯油が、まだチョロチョロ出続けているので、今外れたら困る!!
でも、今私が握っているポンプの頭から手を離したら、微妙なずれで絶対に灯油がこぼれる!!

と危機を感じました。

その時事務所の中に私を含めて3人います。
普通なら、「ちょっと、助けて~」と呼ぶことができます。

その時の私は両手ふさがってるし、少しでも動いたらこぼれそうなので、動けません。
しかも、灯油を入れている場所がドアの影で入れているので、私の大変な状態にみんなが気づくわけがわりません。
私は正直一瞬「ちょっと助けて~」と叫ぼうとしました。
しかし、「あ、二人とも聾・・・ドアのかげから叫んでも聞こえないよね」と思い、「どうしよう!こぼれる!」とあせりながら、心の中で、「誰か~助けて~」と繰り返し叫んでいましたが、私も諦めました。
「もうこぼしちゃえ!あとで拭けばいいや」と決心して、こぼしちゃいました。

ほんの数十秒の出来事だったと思いますが、私にとってはものすごく、スローな長~い時間に感じました。

その後、私の心の中は、なんとも言えない違和感を感じました。
人がいるのに、助けを求めることができない、なんとも言えない違和感、虚しさ・・・悲しみ・・・

こんなに、「助けて~」求めてるのに、誰も助けてくれない・・・
自己解決、自己完結しないといけないのね…

ちょっと不便さを感じた一瞬でした。

そのあと、何もしらない聾の友達は、ニコニコ笑ってるだけ・・・・
「笑いごとじゃないんじゃ!」といいたくても、今起きた事件のこと知らないんだもんね。仕方ないよね

あ~虚しい
悲痛な叫び、心の叫びに気づいてくれない悲しさを体験しました




テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。