スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
健聴者によるいじめ
2007 / 10 / 24 ( Wed ) 00:50:21
今日ある聾者と話しをしてびっくりした事がある。
是非聴者の人に読んでもらいたい。

その聾者(仮にAさんとしておこう)Aさんが健聴者を呼ぶ時に手を“パンパン”と叩いて呼んでいる。(ちなみにその聴者は聾者と関わりをもたないので、聾の文化などまったく知らないであろうと思う人)
私が隣に居たので、
「聾者を知らない人はちょっと違和感を感じるかもしれないから、なんでもいいから、声を出して呼んだ方がいいと思う」
と言った。

するとAさんは、「声に自信がないもん」と言った。
私はすごく不思議に思いAさんに
「私にはいつも声を使っているけど、なんで声に自信がないの?」
と聞いてみた
Aさんはどちらかと言うと、いつもニコニコしていてとても明るくて誰にでも話しかけるようなイメージだから、なおさら不思議だった。

Aさんは答えた
 「私の声は動物みたいで変だから」
私は最初意味がわからず、「はぁ?」という気持で「どういうこと?」
とたずねるとAさんは言いにくそうに
 「私の周りにいる健聴者の人はみんな、私の声は動物みたいでおかしいと言う。私は自分の声がわからない。でもみんなが動物みたいと言って笑うから、私は健聴者の前ではあまり声を使いたくない。自信がない。あまり知らない人ならなおさら、絶対声は出さない」
という返事だった。

わたしは唖然とした。というよりびっくりした。
どういうこと?

私はAさんに言った
 「いままで、Aさんは私にたくさん声を使ってたでしょ。私はあなたの声が動物みたいとか、おかしいなんて思ったこと1度もないよ!だから自信ももって大丈夫!!1回もない。1回もない」
と力強く繰り返し言った。

するとAさんは、「本当?」「本当?」と繰り返し私の目を見ていた。
私が「本当だよ」というとAさんは少し目が涙ぐみ「嬉しい」と言った。「本当?嬉しい!」と言ったAさんの表情は今までに見た事がない喜びをかみしめて、静に微笑むとても素敵な笑顔だった。
そんなAさんの表情を見た時、本当に傷ついていたんだなと感じた

Aさんが健聴者によって、そんな痛みを心にもっていたのかと思うと、健聴者である自分が恥ずかしくなった。
何気ない一言がどれだけ傷つけているかを深く知った
そして、五体満足で生まれてた私達健聴者は、「動物みたい」の一言がどれだけ相手の心を深く傷つけ、自信をなくしてしまうほどの凶器の言葉であることに気がつかず、言われても笑ってかえすAさんの深い傷、叫び声に気がつかない愚かな人間である事も残念だ。私もその一部である。

学校問題のいじめや、社会人になってもいじめはある。わざとする
陰湿ないじめがほとんどだ。

わざとではないだろうが、でも今回のAさんの話を聞いて、これは健聴者によるいじめである。と思った。

健聴者が聾者の心をズタズタに切り裂いてしまっていることをもう少し、気がつくべきではないだろうか・・・

この他にも聴によるいじめは数え切れないほどあるだろう

同じ人間なんだから、人間対人間、人としての付き合いをしていけば自然にできあがってしまった、聴と聾の壁はなくなるのではないだろうか。その壁は聴が最初に作ったのだろう・・・



スポンサーサイト
人権 TB:0 CM:5 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。